エプソムソルトに化粧品認可と雑貨販売の違いがあるのはなぜ?

エプソムソルトに化粧品認可と雑貨販売の違いがあるのはなぜ?

エプソムソルトの化粧品認可と雑貨販売の違い

それはエプソムソルトの用途「入浴剤」としての製造販売管理の違いです。
つまり安全性の違いです。
化粧品は「薬機法」のもとに資格、免許が発行され、製品別に保健所に申請され製品個体にロットナンバーが印字、これにより医療事故のバックアップがとられています。
エプソムソルトはパッケージから出すと白い粉です。しかしロットナンバーで原材料まで何時、どこで、誰が生産したかわかるようになっています。

雑貨販売は届け出義務も管理義務もありません。
つまり中国製のエプソムソルトを使用しても、衛生に問題があっても試験をしても、製品になってしまえばだれも知らないしわかりません。

入浴剤としての販売では雑貨販売も認められていますが、法律では色、香りを楽しむ、つまり無味無臭のエプソムソルトについては論外です。

「入浴剤」としての使用は「医薬部外品」「浴用化粧料」の印字とロットナンバーのある製品を選びましょう。

化粧品認可取得 シークリスタル エプソムソルト
化粧品認可取得 シークリスタル エプソムソルト
国産高純度「硫酸マグネシウム」 医薬部外品原料規格試験適合商品
  • 楽天
  • amazon
  • Yahooショッピング